トップへ » 当院のこだわり » 歯周病治療

歯周病の基礎知識

近年の厚生労働省の調査によると、「日本人の成人の約8割が歯周病に感染している」との報告もあり、歯周病はもはや、国民病のひとつといえます。

歯周病

その歯周病の主な原因は細菌です。お口の汚れや歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなり、細菌の温床になってしまいます。

細菌によって歯肉が炎症を起こし、それが歯周ポケットの奥深くまで広がると破骨細胞が活性化し、歯根膜や歯槽骨までが破壊され、歯を支えきれなくなってきます。つまり、治療をせずに放置しておくと、最終的に歯を失ってしまうのです。

歯周病は、静かに進行していく病気です
歯周病は、感染していても症状を感じにくく、静かに進行していく病気です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。

そのため、自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんど。そうなる前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守りましょう。

【歯周病治療はこんな方におすすめ】
・歯ぐきから血が出る
・歯肉が腫れている
・口臭が気になる
・歯ぐきがやせて、歯がグラグラしている

歯周病と全身疾患との関係

歯周病歯周病は、歯がグラグラしてきて抜ける「歯の病気」です。しかし最近、歯周病と全身的疾患との関係が指摘され始めてきました。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回り、羊水にまで影響。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。

心臓発作(心筋梗塞)との関係
重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されていて、それが心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすとされています。

歯周病と糖尿病との関係
"糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く、歯周病に感染しやすく進行も早い"と言われています。歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼし、血糖値のコントロールが難しくなります

歯周病の進行と治療方法について

歯肉炎
歯と歯ぐきの間にある溝にプラーク(歯垢)がたまってしまうことによって、歯ぐきに炎症が起きてしまうのが歯肉炎です。たまったプラークと炎症で溝が広がり、歯周ポケットができます。

【対策】
-ブラッシングによりプラークをとる
-歯石がついている場合は歯石を除去
-より治療効果を高めるために、歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも有効
※歯肉炎や歯周病を早期発見するために3か月に1度の定期検診をお受けください

軽度歯周炎
歯周病歯周炎が進行して、歯周ポケットが3~4mm程度になった状態です。歯周ポケット内にプラークや歯石がたまり、さらに炎症が広がることで、歯ぐきが赤みを帯びてきます。

【対策】
-ブラッシングにより歯ぐきを改善
-スケーリングによる歯石の除去や、歯ぐきの中のルートプレーニング
-歯科衛生士による、専門的な歯のクリーニングPMTCも有効

中等度歯肉炎
歯周病炎症がかなり進み、歯周ポケットが4~6mm程度とより深くなってしまった状態です。歯を支える歯槽骨の吸収も進行し、歯を指で押すと動きます。中等度歯肉炎の段階では、歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が現れます。

【対策】
-ブラッシングにより歯ぐきを改善
-スケーリングによる歯石の除去や、歯ぐきの中のルートプレーニング
-歯科衛生士による、専門的な歯のクリーニングPMTCも有効
-歯肉炎が重症の場合は、歯周外科を行うケースも

重度歯肉炎
歯周病中等度歯肉炎よりもさらに歯肉炎が進行し、定期的に歯ぐきが腫れ、強い痛みが現れる状態です。

【治策】
-完治させるのは非常に困難です
-歯を保存できる状態であれば、歯周外科手術、再生療法を
-残念ながら、抜歯となる場合もあります

レーザーによる歯周病治療

歯周病歯周ポケット内にレーザーを照射して殺菌し、歯肉の腫れや痛み、出血を抑えます。その効果は高く、激しい腫れや痛みが伴う急性症状でも、わずか1~2日でひいていきます。

歯科治療に使用されているレーザーは主に4種類ありますが、当院ではモリタの開発したEr:YAGレーザー装置・アーウィン アドベールを採用。歯ぐきと歯、両方の治療が可能であることを厚生労働省から認められている唯一の機種です。(※他の3種類のレーザーは、主に歯ぐきなどの軟組織の治療のみに使用されます)

レーザーは、必要に応じて使用しています。なお、周囲組織への影響はほとんどありませんので、ご心配は不要です。激痛を訴えていた患者さまから、「たった1回の治療で、激しい痛みがぴたりと治まった」とおっしゃっていただくこともあり、驚くほど優れた治療効果があります。

歯周病コラム-効果的な歯磨き方法は?

歯周病歯周病予防の基本は、お口の中を清潔な状態に保ち、細菌の繁殖や定着を防ぐこと。そのためには、歯磨きを毎日しっかり行うことが大切です。ですが、「毎日朝晩、ちゃんと歯磨きしている」という人でも歯周病になってしまうことが多いので、効果的な歯磨き方法について、もう一度きちんとチェックしてみましょう。

歯磨き方法は主に、「歯ブラシの毛先を使う方法」と、「毛の脇腹を使う方法」に大別されます。一般的に、毛先を使う方法は歯垢の除去効果が高く、脇腹を使う方法は歯肉に対するマッサージ効果が期待できると言われています。

また、電動歯ブラシは、ブラシ部分の動きから「偏心運動型」「水平運動型」「回転運動型」「振動型」に分類されています。「手用歯ブラシより良く磨ける」というイメージがありますが、過去の研究によると、手用歯ブラシより歯垢除去効果が高いと言えるのは回転運動型のみとのこと。選ぶ時の参考にしてください。

関連ページリンク

当院のこだわり
一般歯科痛み・恐怖から開放小児歯科審美歯科・ホワイトニング
予防歯科(クリーニング)歯周病治療入れ歯インプラント治療
症例のご紹介初診の方へ料金表医療費控除

ドクター紹介・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間お知らせプライバシーポリシー

あなたの歯に違和感を感じたら、ご相談ください。

カウンセリング
カウンセリング

トップへ » 当院のこだわり » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP