トップへ » 当院のこだわり » 痛み・恐怖から開放 » 歯科治療を受ける際の、「痛み」や「恐怖」から、できる限り開放します

歯科治療を受ける際の、「痛み」や「恐怖」から、できる限り開放します

「歯医者さんが嫌い」という患者さまの多くは、治療中の痛みが怖いからだといいます。確かに、治療中の痛みは患者さまに苦痛を与えるだけです。そこで当院では、患者さまに治療中の苦痛を与えないために様々な工夫をして、痛みの少ない治療を行っています。

「痛み」や「恐怖」から、できる限り開放します

注射による麻酔を、できる限り痛くないようにする工夫 -シール式表面麻酔-
注射による麻酔の前に、シール式の表面麻酔を用いて、針の挿入に対する恐怖感や痛みを取り除きます。そして、効果の高い麻酔液を選択し、使用する前に人肌くらいに温めておきます。こうすることで体内に入れたときの違和感を和らげることができます。

注射による麻酔を、できる限り痛くないようにする工夫 -電動麻酔器-
注射には電動麻酔器を使用しています。ゆっくりと一定のリズムを保って注入できることから、痛みを抑えられるからです。時間をかけて注入するので打ち終わった頃には麻酔がしっかり効いていますが、念には念を入れて、麻酔を打ち終わってからしばらく時間を置き、麻酔が確実に効いてから治療に入るよう気をつけてもいます。

注射による麻酔を、できる限り痛くないようにする工夫 -細い針を使用 -
他にも、細い針を使用することや、痛くない侵入角度(痛点を避ける)にこだわり、頬を張らせて滑らせるように打つように心掛けるなど、細かい部分に気を配りながら、慎重に行っていますので、「先生、麻酔しましたか?」とおっしゃる患者さまもいらっしゃるほど万全な痛み対策をとっていますので、ご安心ください。


トップへ » 当院のこだわり » 痛み・恐怖から開放 » 歯科治療を受ける際の、「痛み」や「恐怖」から、できる限り開放します


コールバック予約

PAGE TOP