トップへ » 当院のこだわり » 大学の医局で長く学んだ経験により、難症例にも対応しています

大学の医局で長く学んだ経験により、難症例にも対応しています

母校の歯科補綴学第2講座に入局し、歯科補綴を中心に歯科医療全般を学びました。歯科補綴学とは虫歯や歯周病、外傷、腫瘍等で歯を失ってしまった方のお口の機能や審美をいかに回復させるかを追求する学問です。

大学病院では一つの疾患に対して多角的な考察をじっくりと行うことができ、先輩にも恵まれ、良い経験ができました。そのため、入れ歯や詰め物・被せ物の治療において高いレベルの治療ができると自負しています。

大学の医局で長く学んだ経験Jiads(The Japan Institute for Advanced Dental Studies)の会員です
このグループは日本最大規模のスタディーズ・グループで、世界トップレベルの歯周病及びインプラントの治療技術が学べます。歯周病・審美歯科治療の世界的権威の先生方たちに直接指導をいただける機会もあることから、歯科医師の間でも非常に人気が高いのです。こうしたレベルの高い環境に恵まれ、日々最新の治療を学んでいます。


トップへ » 当院のこだわり » 大学の医局で長く学んだ経験により、難症例にも対応しています


コールバック予約

PAGE TOP