トップへ » ドクター紹介・経歴 » 本当に役立つ歯科治療を学ぶために

本当に役立つ歯科治療を学ぶために

院長紹介大学卒業後も母校に残ったのは研鑽を積むためでした。父も医学部助教授として大学に残っていた人なので、医局に残り、「教育・研究・臨床をしっかりやった上で働く」ということを当然として考え、実行しました。

補綴に進んだのは、手先が器用だったこともありますが、「補綴は歯科治療のゴールである」と考えるからでもあります。「まず、そこがしっかりできないことには、患者さまのために役立つ治療などできないのではないか」と思いました。

大学の苦労話
大学に残っていた頃、帰宅は毎日午前様でした。私が師事した先生は母校でも指折の厳格な先生で、治療の各段階において一切の妥協を許さない厳しさを身につけることができました。

結局、大学には8年くらい関わっていました。同窓会の学術委員(同窓生の勉強会を開くための要員)をやっていました。そのおかげで、一流の先生の薫陶(くんとう)を受ける多くの機会を得ました。いろいろ経験できたことは、すべて今の自分の役に立っていると思います。
(*薫陶...人徳・品位などで人を感化し,よい方に導くこと)

大学での専攻を今に活かしています
補綴の出身なので義歯、修復の材料にはこだわりがあり、安物は使っていません。安物は、結局「安物のクオリティ」しかないと思うので、僕の選択肢には入りません。良い材料の情報や登場には常に敏感でありたいと思っています。

患者さまの望む治療を実現したい
数多くの歯科医の中から当院を選び、遠くからわざわざ足を運んでくださる患者さまもいらっしゃるので、基本的には「患者さまが望む通りにしてあげたい」と思っています。そして、さらなる付加価値として、「ご自身が気づいていないところ」や「もっと効果的な方法」などを、プロとして教えてあげることが役目だと考えます。

常に新しい知識を入れる
Jiadsで習った内容は、治療に関して「ここまでできるんだ」という新たな発見も多く、とても勉強になっています。また、いろいろなことに広くアンテナを張って、新しい知識や刺激には常に敏感でありたいと思っています。

医療関係者が勉強を怠ることで、患者さまに貧乏くじを引かせたくはありません。最新の技術や情報を提供できるようにしておくことで、「この歯科医院に来て良かった」と思っていただけるのだと思います。

趣味
僕の今の趣味は、愛娘とギターです(笑)。子どもを持ったことで人間的にも成長できたかな...という気もしています。いまだにバンドを組んでライブ活動もしていますので、機会があったらぜひ、ライブ会場にも...。


トップへ » ドクター紹介・経歴 » 本当に役立つ歯科治療を学ぶために


コールバック予約

PAGE TOP